アスタミューゼは2019年3月に
日本経済新聞社と資本業務提携を行いました。

両社はそれぞれが持つデータやニュース等の情報を活用したコンサルティングやリポート配信、事業創出の実行支援により、様々な企業様の新規事業や事業拡大の支援を実施。

アスタミューゼが定義する「2025年の成長領域」「解決すべき社会課題」を軸に、注目すべき企業や技術、研究に関するロングリストの提供を実施。更に定義が曖昧な未来の市場に対するコンサルティングレポートを提供しています。

事業を推進する2つの切り口

未来を創る2025年の成長領域

弊社が保有する世界80カ国の新事業/新技術/新製品、投資情報データを各先端分野に精通した専門アナリストが分析。

2025年の有望成長市場・未来を創る技術分野を定義しています。

選ばれる理由1

未来に向けて解決すべき社会課題

2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された国際目標「SDGs」を元に作成。

解決すべき社会課題を定義し105に分類しています。

選ばれる理由3

データを起点とした事業創出の一例

貴社の事業展開を加速させるため有望成長領域/社会課題の領域毎に、
競合や提携先、共同研究の候補先をロングリストで提供。

ロングリストから親和性のある事業アイデア・研究テーマにピンポイントでリーチ

例として、位置情報の活用における参考事業をリストアップ

新規ビジネス案を具体化し、思考が深められるノウハウが自社に根付きます

先ほどのリストから、位置情報の活用として従来の「物流・交通」 「観光」「見守り」だけでなく、実店舗出店時の利益最適化を図る目的で「不動産」や「小売のコンサルティング」に活用できる可能性がある

Copyright © astamuse company, ltd. all rights reserved.